FC2ブログ




ぐったりとソファーにもたれ、肩で息をする私を貫いたまま遼は後ろから抱きしめる。
そのまま項に口づけをし、肩から背中にかけて舌を這わせる。




凛香:
「はぅ・・あぁん・・・」




身を捩り、腰をくねらせてしまう。
遼は奥を抉るように腰を入れ、円を描くように腰をグラインドさせる。




凛香:
「あぁん・・・奥・・気持ちぃ・・うぅ・・」

遼:
「すげぇ・・腰動いてるぞ。ヤラシイ・・」



パシィンッ!!!


凛香:
「はうぅぅっっ!!!」



遼におしりを叩かれ、痛いはずなのに何故か感じてしまう・・




遼:
「叩かれて気持ちいの?」

凛香:
「ち・・ちがぅ・あぁん!!!」


バチンっ!!


遼:
「気持ち良さそうだけど?」

凛香:
「やぁ・・」




遼は私の腰を持ち、立ち上がらせるとそのまま近くのテーブル連れて行き
上半身をテーブルに乗せた。
私はうつぶせのまま、テーブルに体重を預ける。火照った肌にテーブルがひんやりと気持ちいい。


遼は肉釘を一旦ぎりぎりまで引き抜き、一気に奥に刺し貫く。




凛香:
「あぁんっ!!」




すっかり柔らかくなった蜜壺の中の肉襞を掻きわけ、
遼の肉釘が子宮の入り口をノックする。




凛香:
「やんっ・・あっ・・はぅ・・あぁん・・」




遼に刺し貫かれるたび、ビリビリと子宮から脳に快感が走る。
凛香の頭の中ではもっと、もっと・・と欲望が渦巻く。


すると・・


遼が急にピタッと動きを止める。




凛香:
「えっ・・?」

遼:
「何?」

凛香:
「どうしたんですか・・?」

遼:
「何が?」

凛香:
「なんで・・・やめるの?」

遼:
「動いてほしいのか?」

凛香:
「・・・はぃ・・」

遼:
「じゃぁ、お前が動け。」




そう言うと、私から肉釘を引き抜き、近くにあったソファーを引きよせ、深く座ってもたれた。
私は遼に跨って座り、肉釘をゆっくりと蜜壺に飲みこんでいく。



じゅぷ・・ずぷずぷずぷ・・



凛香:
「ん・・んぁぁぁ・・」



遼の硬く、大きい肉釘は蜜壺の奥深くまで突き刺さり、中で脈打っている。
すっかり全部飲みこんだのに、もっと奥に欲しくなる。
私はゆっくりと腰を前後にスライドさせていく。




凛香:
「はぁ・・はぁ・・あん・・んん・・・」




肉釘が蜜壺の中の肉襞を引っ掻くように掻き回し、
もっと深く、もっと大きな快感を得ようとだんだんと大胆に腰を振る。




遼:
「いい眺めだな・・もっと啼け・・」




そう言うと、遼は私の腰を掴み、前後や上下に突き動かしていく。




凛香:
「やっ・・ダメ・・あぁぁん・・あん・・あん・・あん・・またぁ・・」

遼:
「また?また逝くのか?何回逝くんだよ・・w」

凛香:
「だ・・って・・あぁぁん・・ダメ・・きもちぃ・・いっちゃうぅぅぅっ!!!」




私が遼にしがみつき、痙攣しながら果てると、遼は私を抱き、ソファーに横たえ正常位になる。
何度も逝かされ敏感になっている私は、少し動かされるだけで逝きそうになってしまう。


遼は、右手の指を2本私の口につっこみ、口の中をかき回し、左手を首にかける。




遼:
「凛香・・・俺の眼みて。」




そう言うと、少し左手に力を入れる。初めて私の名前を呼ぶ遼の声と少し絞められた首の快感で
激しく動かされてもいないのに




凛香:
「はぁぁ・・・・・い・・・・・・・いぐ・・・」




と逝ってしまった。


そんな私を愛おしそうに見つめ、腰の動きを激しくする。
私は、何度も何度も逝かされ、何て言っているのかわからない喘ぎ声を響かせる。




遼:
「あぁぁ・・・・俺も・・・もう・・・限界・・・」

凛香:
「いいいああぁぁぁぁ・・・・ああああ・・・・いっちゃああ・・・・」

遼:
「口に出すぞ?・・・あぁ・・・くっ・・」

凛香:
「うん・・・うん・・・凛香の・・・お口に・・・あぁぁん・・」





遼のラストスパートとともに、私にも一番激しい快感の波が押し寄せてきた。




凛香:
「あぁぁぁぁぁぁ・・・・・・もう・・・・む・・・り・・・
いくいくいくいくいくいくいくいくいくいくい・・・・・・・・・・・・・あぁっぁぁあぁ」

遼:
「・・・・・・・・・いくっっ」





ズンっっと一番奥までの一突きのあと、私の上に跨り私の蜜にまみれた肉釘を引き抜き、
私の口の中へ。


私は朦朧とした意識の中、口を開けて遼の白濁を受け止め、飲み込む。
全て飲み下し、体を痙攣させ余韻に浸りながら遼を見ると、
遼は優しく微笑んでいた。


遼の腕の中で私はまた意識を失った。


しばらくし、遼の胸の中で目覚めた私は、自分の心に空いていた穴が満たされているのを感じた。



凛香:
「不思議・・・」

遼:
「なにが?」

凛香:
「ううん・・・なんでもないです。」




私と遼がこれから先どうなっていくのかわからない。
遼が私を好きになってくれるのか、私が遼を好きなのかもわからない。


ただ、私の心の空洞は、遼によって満たされ、そして、
私はあの紫煙の向こうに光った、遼の眼をまた見たいという欲望があることだけはわかっていた。




END

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

 2010_01_04




05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

★みみこ★

Author:★みみこ★
◆Mimiko's Seet Trap◆
書庫・画像保管庫へようこそ!!

ごゆっくりお楽しみください(*´Д`*)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.