FC2ブログ




『はぁ・・んん・・はぁ・・はぁ・・』




暗闇の中、女はベットの中で身体を火照らせる。




ここ数カ月、遠距離恋愛中の恋人と仕事の都合で逢えず、他の誰とも交わっていない。




時が過ぎていくにつれ、『欲求』は『飢え』へと変わっていった。




目を閉じ、恋人を思い浮かべる。
彼の体温、彼の手の感触、彼の唇、彼の声・・・



数か月交わっていなくても、彼の感触は鮮明に蘇る。



彼の手が、優しく愛撫するように自分の身体を撫でていく。
手に余る、豊かな胸のふくらみを揉みしだき、ツンと起った蕾を弾く。




『はうぅっ!』




普段は声など出さないが、『飢え』は身体を敏感にし、少しの刺激にさえ声が漏れてしまう。




むにゅむにゅと、揉みごたえのある胸を堪能すると、
右手がするすると下降し、手入れされた茂みを抜け女の泉へと向かう。



女の中の『飢え』は泉を満たし、濃厚な女の蜜の匂いをふりまいている。



秘裂に指を這わし、蜜を掬うとぷっくりと充血した淫芽に塗り込む。




『あぁん・・』



いつもより敏感になっている淫芽は、ビリビリと強い快感をもたらす。
溢れてくる蜜を何度も何度も掬っては塗り込み、
快感に肌は粟立ち、ビクビクと身体が跳ねる。



恋人なら、どうやって自分の体を弄ぶか・・・
快感で痺れている頭で考え、それを実行していく。



しかし、どうしても自分の指では与えられる刺激に限界がある。
『飢え』は女を貪欲にし、欲望に忠実にさせる。



女はサイドテーブルからロー♥ターを取り出す。



ヴゥゥゥゥゥン・・・



『あぁぁっ!!・・・んん・・はぁん・・・っっ』



ロー♥ターが淫芽を押しつぶし、振動を与える。
ビリビリと脳が痺れるような快感に、飲みこまれそうになる。



彼の指で、舌で、淫芽を弄ばれている事を想像し、快感が倍増してゆく。



『くぅっ・・はぁ・・あぁ・・だめ・・い・・・っく・・・いくっいくぅっ!!』



びくんっびくんっ・・と身体を跳ねさせながら女は果てる。



熱い吐息を吐き出しながら、息を整えるが、身体の疼きは収まらない。



気だるい身体を起こし、再びサイドテーブルに手を伸ばすと、
彼に買い与えられた、太めのバイ♥ブとローションを取り出す。



ローションをバイ♥ブに塗り、ひくひくと蠢く蜜壺へ沈みこませる。



『んんんっ・・・はぁぁぁ・・・』



中が満たされ、肉壁が押し広げ分け入ってくる感触がたまらない。



左手でバイ♥ブを沈み込ませながら、ロー♥ターを淫芽にあてがう。



『あぁぁん・・・んん・・ぁん・・はぁ・・はぁ・・』



ついさっき果てた時の余韻が残っていて、また快感の波に攫われそうになる。



恋人に奥まで突かれているのを想像しながら、ずんずんと貫いていく。
奥を揺らすように・・・



女は貪欲に快感を欲し、『飢え』を満たそうとする。



『あぁぁっ・・・また・・逝っちゃいそ・・ダメ・・・いく・・いくぅっ!』



ガクガクと身体を震わせながら果てても、両手は貪欲に動き続ける。
恋人が何度も何度も自分を果てさせるように、自分自身で攻め立てる。



『はぁぁっ!・・やぁぁ・・あぁぁん・・・い・・っちゃ・・うぅぅぅぅ!!!』



何度も果て、頭が真っ白になるくらいの大きな快感の波に飲み込まれ
女は力尽きたようにそのまま寝息を立てる。





しかし、女の中の『飢え』はまだ満足していない。
また今夜も・・女は疼き、『飢え』の僕となるだろう・・・・





END


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
 2011_03_01




02  « 2011_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

★みみこ★

Author:★みみこ★
◆Mimiko's Seet Trap◆
書庫・画像保管庫へようこそ!!

ごゆっくりお楽しみください(*´Д`*)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.