FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


モラトリアム【禁じられた遊び】?




くちゅ・・くちゅ・・


隼人の指が、愛華の中心を直接捉える。
指にぬるっとした感触と、温かさを感じる。隼人にしがみつき、可愛い声で啼く愛華の耳元で




隼人:
「愛華、ここぐちょぐちょだよ?」




と囁くと




愛華:
「ぅく・・・・あぁん・・・お・・にいちゃんの・・いじ・・・わ・る」




と、快感に翻弄されながらも、ちょっと怒った顔で睨む。隼人はその顔にまた欲情し、
愛華に深いキスをしながら指で蜜をすくい、淫芽に塗りこめるように擦る。

愛華は身を捩るようにしながら腰をくねらせ、隼人のキスで口を塞がれながらも嬌声が漏れる。
隼人が差し込んだ舌を愛華の口から抜くと、その舌を追いかけるように愛華の舌が出てきた。



隼人:
「愛華・・・今のすげーエロい・・・」

愛華:
「おにいちゃん・・・の・・あぁぁ・・・ちゅぅ・・・きもちぃっ・・・はぅ・・・・」




淫芽を擦る指と、体を這う舌から与えられる快感に、愛華の頭が痺れていく。


隼人はゆっくりと下に移動し、愛華の足の間に体を入れる。
そして、ゆっくりとショーツを脱がし、愛華を一糸纏わぬ姿に剥く。

愛華の茂みは薄く、足を開かせM字にすると、てらてらと、妖しく光りなら蜜が溢れて垂れている。
垂れた蜜は、きゅっと締まった桜色の菊蕾の方まで垂れ、濡らしている。
息がかかるだけでぴくんと跳ねる愛華の肢体。



隼人:
「綺麗・・・」




とつぶやくと、隼人は菊蕾から淫芽まで一気に舐めあげ、そのまま淫芽を蜜と一緒に吸う。



愛華:
「あぁぁぁ!!」




びくんびくんと駆け抜ける快感に身を躍らせ、シーツを掴み、声を上げる。


じゅるじゅると音を立てながら、蜜を吸いつくすように愛華を攻め立てる。
淫芽を舌で弾き、甘噛みし、指で押し潰し、挟み、舐めとり、舌を捩じ込む。


愛華はあらゆる角度から攻め立てられ、



愛華:
「お・・にいちゃん・・・・だめ・・・変になっちゃう・・・
あいかぁぁぁ・・・へんになっちゃぅぅ・・・」



その声をきき、隼人はますます欲情し攻めるたてる。



愛華:
「あぁぁ・・・・もう・・・あいか・・・おにいちゃ・・・やぁ・・・だめぇぇ・・・」




弓なりになるくらい腰をぐいっとあげ、びくびくと痙攣しながら愛華は果てた。


隼人は、もっと愛華を攻め続けたい気持ちでいっぱいだったが、ぐっと堪え
愛華を抱きしめ、優しくキスをする。



隼人:
「痛かった?大丈夫か?」




愛華は潤んでうつろな目で隼人をみながら頷く。


隼人のソレは、ボクサーパンツを思いっきり押し上げ主張し
愛華の太ももにあたって、その熱を感じれる程だった。


愛華は甘いけだるさを纏いながらゆっくりと起き上がり、



愛華:
「おにいちゃん・・・今度は・・・愛華がする。」




とボクサーパンツに手をかけ、するすると下ろす。姿を現した隼人自身の大きさに愛華は驚く。




愛華:
「おおきぃ・・」




そっと握りながら、隼人を見つめ




愛華:
「上手くないけど・・・舐めて良い?」




と聞いた。
隼人は、その光景に頭がくらくらする。


愛おしくて堪らない愛華が、自分のモノをにぎって、「舐めて良い?」と聞いている。
夢に何度も見、決して果たされることのない事だと思っていた光景が、今目の前に広がっている。
隼人はうなずくと、愛華を見つめる。


愛華は、ゆっくりと顔を近づけ、さきっぽにそっとキスをする。




隼人:
「くっ・・」





そんな些細な刺激でも、吐き出したくなってしまう。
愛華は、舌を伸ばし、裏すじを舐めあげ、ゆっくりと咥えていく。




隼人:
「あぁ・・・きもちぃ」




尾てい骨から駆け上がる快感とは裏腹に、愛華に口淫を教えたであろう真人に、激しく嫉妬した。


愛華は、ゆっくりと上下に動き始める。が、やっぱり慣れていないのか、ぎこちない。
ぎこちなさが、不規則なリズムになり、それもまた気持ちいいのだが。




隼人:
「愛華、おしりこっちに向けて、俺の上に乗って。」




隼人がそう言うと、恥ずかしそうにしながらも言うとおりにもぞもぞと動く。
隼人の目の前に、可愛くて形のいいおしりが現れた。


愛華は向こう側で隼人のを一生懸命咥えている。
隼人は、愛華の中に舌をねじ込む。




愛華;
「んんんん・・・・!!!」





咥えながら、漏れたくぐもった啼き声が聞こえる。
隼人はニヤリと笑うと、中指を沈み込ませ、淫芽を舐める


舐めやすいように、愛華の腰を引き寄せると、身長の小さい愛華の口から隼人自身が外れ
愛華は吐き出してしまった隼人のモノをにぎり、健気に上下に擦りながら、隼人の上で悶える。




愛華:
「おにぃ・・・ちゃん・・・愛華の・・・番なのに…あぁぁ・・・きもち・・・やぁぁ・・」




隼人はそんな愛華の抗議の声に耳も貸さず、中の蜜を掻き出しながら吸いとっていく。



愛華:
「愛華・・・・あぁぁぁ・・・・だめ・・・・・また変になっちゃう・・」

隼人:
「また逝っちゃうの?逝く時は逝くって言わないと。」

愛華:
「あぁぁん・・・い・・いっちゃう・・」

隼人:
「いいよ・・愛華・・たくさん逝きな・・」

愛華:
「やぁぁ・・お兄ちゃん・・おにぃ・・ちゃ・・逝っちゃぅっ・・いくぅっ!!」





愛華はまた痙攣しながら隼人の体の上で果ててしまった。
隼人はそんな愛華をくるっとひっくり返し、ぎゅぅっと抱きしめ、




隼人:
「愛華・・・あいしてる。」





そう言うと、腰を引き寄せ、熱く滾る隼人自身で一気に愛華の中を刺し貫いた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


 2010_02_10


Comments

13 ■こんちわ 

(^∇^)初カキコです

文がうまいなぁ・・

しかし エッチ
前田大尊(タイソン)  URL   2010-02-10 09:48  

12 ■無題 

愛華=Mimiにゃん
あたしもMiMiにゃんみたいな妹欲しかったなぁ~
読んでるうちに、想像膨らむ。。。。。
別の部分も膨らむ。。。。。
Taka  URL   2010-02-09 01:27  

11 ■無題 

朝からビンビンになるやん(笑)
あーる  URL   2010-02-07 11:08  

10 ■無題 

はなしだけでびんびんなのにw
とどめw
yuuki  URL   2010-02-06 23:58  

9 ■いいですね 

最後にご馳走様です。

8 ■無題 

今晩は。


読んでて、もうビンビンですよ。
ペンギン2号  URL   2010-02-06 20:58  

7 ■無題 

MiMiちゃん。

読んでてビンビンになっちゃったよ。責任とってよ。
yuki♂  URL   2010-02-06 20:30  

6 ■やばっ 

最後のオパイでよけいムラムラしてきちゃった~(〃∇〃)
乳番長  URL   2010-02-06 20:25  

5 ■無題 

MiMiちゃんはキスが好き?

MiMiちゃんのびーちくにチューしたい!
くろ  URL   2010-02-06 20:14  

4 ■無題 

ストーリーも興奮したけど

やっぱポロリはいいわ~
エロジャグ  URL   2010-02-06 20:05  

3 ■ポロリ・・・ 

そういうポロリね

涙がポロリ・・・なのかと思ったら、ごちそうさまです~(~o~)
†☆紅☆†  URL   2010-02-06 20:04  

2 ■永遠です 

かなりエチしたくなってきたぁ~
( ´∀`)

おつぱい
大きい
(≧ω≦)b
永遠  URL   2010-02-06 19:59  

1 ■最後がイイ!! 

ステキ(≧∇≦)なぉパイです!!

キレイだよ!!

( ̄∀ ̄)( ̄∀ ̄)
ゆうじ  URL   2010-02-06 19:58  

 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

★みみこ★

Author:★みみこ★
◆Mimiko's Seet Trap◆
書庫・画像保管庫へようこそ!!

ごゆっくりお楽しみください(*´Д`*)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。