FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


モラトリアム【禁じられた遊び】?





愛華:
「・・・・・・っく・・はぁぁぁん・・」




隼人は一気に奥まで貫き、そのまま本能に任せて腰を動かす。
愛華は背中をのけ反らせ、一気に奥まで突かれもたらされた快感に身を震わせる。




愛華:
「ぁぁぁああああ・・・ぁん・・・ぁああん・・・き・・・もちぃ・・・ああん」





愛華はシーツをぎゅっとつかみながら快感に呑まれ意識が朦朧としていく。


隼人はこのまま生で入れていてはいけないと思いながらも、愛華の中が抜き挿しするたびに蠢き、
きゅぅっと締め付けられる感触があまりにも気持ち良すぎて、腰の動きを止めれないでいる。




隼人:
「やば・・・愛華ん中超きもちぃ・・・とまんねぇ・・」

愛華:
「おにいちゃん・・きもちぃよぉ・・・」




隼人は、左手で愛華の胸を揉みしだき、右手で愛華の淫芽を刺激する。
プッくりと膨らんだそれは、愛華から溢れる蜜にまみれ、
ぬるぬる、こりこりといた感触になっている。
淫芽を触られ、愛華の啼き声のトーンが上がる。




愛華:
「はぁぁ・・・だめ・・・おにいちゃん・・・だめ・・
やぁぁぁ・・・きもちぃの・・・いっちゃう!・・いっちゃ・・・・うぅぅ!!!」




中で隼人自身をきゅぅぅぅっと締め付けながら、がくがくと痙攣して果ててしまった。
隼人も、そこで一息つき




隼人:
「ごめん、ちゃんとゴムつけような。」




と言いながら、一旦愛華の中から抜き取り、ベットの下の容器からゴムを取り出し自分につける。
愛華は、大きな快感の波にのまれ、息を切らしベットにしなだれて横たわっている。


顔は隼人の方を向いているが、目はトロンとして焦点が合っていない。
白い肌が桜色に染まり、幼さの残る躯が妙に艶めかしい。


隼人は愛華の肌に指を這わせる。愛華は体を震わせ吐息を漏らす。
潤んだ瞳で隼人を見つめ




愛華:
「お兄ちゃん・・・ぎゅぅして」




と甘い声でせがむ。隼人は、愛華を抱きしめ、髪を撫でる。
愛華も隼人の背中に手を回し




愛華:
「お兄ちゃん大好き。大好き大好き大好きっ」




とぎゅっと抱きしめる。
隼人は、隼人自身を愛華の入り口にあてがい、




隼人:
「俺も愛華のコト大好き。もう・・・離さない。」





と言いながら、ゆっくりと沈み込ませていく。愛華は唇を噛みしめ、隼人をみつめ頷く。
隼人は奥まで沈みこませると、キスをしながらゆっくりと動き始める。




愛華:
「ん・・・・んん・・・はぁ・・・んんん・・・・・」

隼人:
「愛華・・沢山感じて・・いっぱい逝かせてあげるから。」




キスで口を塞がれても尚漏れる吐息。隼人は愛華のすべてが愛おしくて堪らなかった。


愛華のすべてが欲しい。
愛華が他の男と・・・と思うと怒りと共に興奮もしていた。
他の男に盗られるくらいなら壊してしまいたくなる。





隼人:
「ぎゅって掴まって・・」




隼人は愛華に自分に捕まらせると、身体を起こし、愛華を抱きかかえ、座♥位になる。




愛華:
「やぁっ・・お兄ちゃんの・・奥にっ・・あぁん」




愛華の中を下からずんずんと突き上げる。
貫く隼人の肉釘は愛華の子宮の入り口をノックし続け、
愛華の体には快感の波が押し寄せてくる。





愛華:
「はぁっ・・・あぅん・・・ぁん・・やぁん・・・・だ・・・めぇ・・・
そんな・・に・・・したら・・・」

隼人:
「ん?そんなにしたら何?」

愛華:
「そん・・なに・・し・・たら・・また・あぁん・・・やぁぁ・・・」

隼人:
「愛華・・また・・なぁに?」

愛華:
「あぁぁん・・また・・いっちゃ・・・やぁぁぁぁぁぁ・・・・
だめ・・そんなしちゃ・・・いくっ・・・いっちゃう・・いくぅぅっ!!!」




悶えながら懸命に答えようとしている愛華の腰をガッチリつかみ
自分の腰に打ちつけるように引き下げながら、自らの腰を捻じ込むように愛華を貫く。


その快感に耐えきれず、愛華は隼人にしがみつきながらまた果ててしまった。


その後も、隼人は何度も愛華を貫き、その度に愛華は何度も果て、
やがて隼人も愛華とつながったままゴムの中に白濁を吐き出した。






いつの間にか空が白み始め、夜から朝に変わり始めている。
愛華は隼人の腕の中で幸せそうな寝息をたて、隼人は煙草に火をつける。



螺旋を描き昇ってく紫煙を見つめながら
もう何があっても、愛華を離しはしないと隼人は心に決めた。






END
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


 2010_02_11


Comments

12 ■その考え、分かる気が・・・ 

>MiMiちゃん♪

こんにちは。

MiMiちゃんが思い浮かべた
「その気持ち」・・・そういう立場だったら、
わかる気がする・・・
フィット  URL   2010-02-15 11:47  

11 ■Re:Takaさん? 

>MiMiさん

わがまま、大好きっ
Taka  URL   2010-02-13 02:56  

10 ■Takaさん? 

MiMiが実際に妹だったら大変だと思いますけどねw
何かあるたびに「おにーちゃぁん(ノω・、)」て
泣きつきそう(笑)
MiMiのわがままに振り回されますよきっと?
MiMi  URL   2010-02-13 02:50  

9 ■無題 

いいなぁ~、妹って
あたしが隼人でMiMi様が愛華
想像しちゃうから、読んでると大変。。。。。
兄弟なら、ずっと一緒に居れるのにっ
Taka  URL   2010-02-13 01:40  

8 ■imaさん? 

基本、いつも妄想してます(笑)
えちなのばっかりじゃないけど、あ、でも、ほとんどえちかも?(笑)

えへ?今は愛華ヘアに近いし?
でも、フィクションなんでお好きな女の子で妄想しちゃってください(*´Д`*)
MiMi  URL   2010-02-13 01:24  

7 ■フィットさん? 

血がつながっていない兄弟が
皆こうではないと思うけど、MiMiが妹で
お兄ちゃんのコト大好きだったら、
こういう気持ちも生まれてしまうんじゃないかなっと
思ったのですw
MiMi  URL   2010-02-13 01:21  

6 ■あきらさん? 

あるかも?

まだわかんないけどw
MiMi  URL   2010-02-13 01:18  

5 ■†☆紅☆†さん? 

MiMiもおにいちゃんほしかったなぁ~
†☆紅☆†おにぃちゃん?

・・・あ?・・ダメ?・・・・・いやん?

なぁんて(笑)
MiMi  URL   2010-02-13 01:17  

4 ■無題 

スゲーよかった^^

MIMI
いつもこういうの想像してるん??
妄想はいいよね~

きめつけはよくないか!


でも上手いね

なんかMIMIで妄想しちゃったよ(//_//)
ima  URL   2010-02-13 00:40  

3 ■無題 

表面的には「禁断の関係」…
でも互いが両親の各々の連れ子…

そういう環境が
無意識の内に二人を
そこまでの間柄にしたのか…


読み進むほどに
いろんなことを考えてしまう…

MiMiちゃんの
頭の中の「妄想」部分か
はっきりと見える…
フィット  URL   2010-02-12 23:00  

2 ■えっ(・_・;) 

禁断の愛に更なる続きが(・_・;)?
すっごく気になるなぁヘ(゚∀゚*)ノ
あきら  URL   2010-02-12 22:27  

1 ■妹… 

MiMiちゃんが妹だったら、俺も離さないかも…
( ̄▽ ̄)
†☆紅☆†  URL   2010-02-12 22:19  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

★みみこ★

Author:★みみこ★
◆Mimiko's Seet Trap◆
書庫・画像保管庫へようこそ!!

ごゆっくりお楽しみください(*´Д`*)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。