FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


紫煙の向こうに光る眼?



遼は、黒い鞄を持ち事務所を出ると、カウンターのテキーラとライム塩をとり
ソファーの前のテーブルに置きいて、私の隣に座った。


私は、先ほどの行為の続きが行われると思い、身を固くするが・・・
そんな私をよそに遼はテキーラを飲みはじめた。

中途半端に火をつけられ燻ぶっている私は・・・
どうしていいかわからず、俯いて座っているしかなかった。


私の頭の中ではさっきの行為が繰り返し再生され、蜜が溢れるのがわかる。


体勢を変えた時、スカートの間から「くちゅ」という音が聞こえ
私は羞恥心で固まった。





遼:
「くくっ・・・今何か言ったか?」





煙を吐き出し、煙草を消しながら聞く。





凛香:
「・・・何も言ってません。」





私は恥ずかしくて俯いたまま答えた。顔が熱い。





遼:
「聞こえたんだがな・・・こっちの口から。」





と言うと、私の足を開かせ、スカートの中に手を滑り込ませる。





凛香:
「あぁん・・・」





コンクリートの壁にくちゅくちゅといういやらしい水音と、私の啼き声が響く。


遼は左手で私の両手を後ろ手に捕らえると、鞄から黒革の手枷を取り出し、手を後ろ手に嵌めた。
手の自由を奪われた私は、不安と期待で自分の中の火が勢いを増すのを感じた。

遼は私の着ていたニットをまくり上げ、ぶらのホックを外し胸をあらわにさせる。





遼:
「でかいな。何カップだ?」

凛香:
「・・・Gです。」

遼:
「ふーん・・」





そういうと、指先でつつつーっと胸の輪郭をなでる。





凛香:
「うぅぅ・・・ぁん・・・・」





ぞくぞくと鳥肌が立ち、私は淫靡な吐息を漏らす。





遼:
「いい声だ。もっと啼かせてぇ。」





そう言うと、胸を鷲掴みにし強く揉む。





凛香:
「痛っ・・・あぁん・・・んんん」





思わず漏れた声が恥ずかしくて、唇を噛んで声を押し殺す。





遼:
「強いほうが好きだろ?」

凛香:
「そ・・・ぁ・・そんな・・こと・・な・ぃ・・ああぁあん」





遼が強く揉みながら胸の頂上の蕾に吸いついてきた。
私は我慢が出来なくなり喘いでしまう。


右の蕾を舌で転がしたり、じゅるじゅるとわざと音を出しながら吸い上げる。


私は、腰のあたりにびりびりと快感が走り、もっともっと・・と欲してしまう。
今日会ったばっかりなのに。まだお互いのコトほとんど知らないのに・・・
そう思うと快感が増していくようだった・・・


遼は、いとも簡単に私の淫らな部分の焔を燃え上がらせた。


もっと舐めて。強くして。噛んでほしいと・・・私は快感を欲する。
すると、それを察知したかのように遼はさらに強く揉み、蕾を噛む。




凛香:
「あぁん・・・やぁ・・」





噛まれたのと同時に体がビクッと反応し、声を漏らす。





遼:
「こっちはどうなってる?」





と、蕾に舌を絡めながら、胸を愛撫していた手を降ろして行き
脇腹から腰へ体のラインを確かめるように撫でながらショーツへ手を伸ばす。


もうすでにしっとりと濡れているクロッチをずらし、指を割れ目に沿わせると
割れ目の肉が指に吸いつくように密着し、くちゅくちゅと淫欲に塗れた音を漏らす。




遼:
「いやらしい音がする。ほら、こんなに濡れてるぞ。」





と私に指についた女の蜜を見せる。





凛香:
「あぁっ・・いやっ・・・」






と顔を背けると、遼は一度私の手枷を外して上半身の服を脱がせ、今度は前で手枷をかけた。
私をソファーの下に膝まづかせ、自分は服を脱いでボクサーパンツ一枚になり、私の前に座る。





遼:
「しゃぶれ。」





私を見下ろしながら命じた。私が頷くと




遼:
「手は使うな。」





と私の手を頭の後ろに組ませて掴み、





遼:
「脱がせろ。」





と私に命じる。


私は口で遼のボクサーパンツをずり下げて脱がせた。


目の前に出された遼のモノは、大きく天井に向かって勃っていた。





遼:
「好きにしていいぞ。」




ニヤリと嗤いながら命じる遼の言葉に従い
私は手を押さえられ、不安定な格好で、先端にキスをする。


雄々しくそそり勃つ遼自身の先端からは液が出ていて、私はそれを舐め取る。
そして舌を出し、根元から裏すじを舐めあげた。


すると、遼がピクンと反応し、私は少しうれしくなり、
遼の感じるポイントを探してどんどん舐めていく。


少しだけ口を開け、傘を咥えながら舌を絡ませながら吸い上げ
顔を横にして、横笛のようにしゃぶり、舐めていく・・・

そして、口を開けて咥え、ゆっくり喉の奥へ向かって飲みこんでいく。





遼:
「くっ・・・・あぁ・・・」





思わず漏れた遼の声に興奮し、咥えながら中で舌を絡め撫でまわし、頭を上下させる。



じゅる・・・じゅぽ・・じゅる・・・じゅる・・・



卑猥な音と共に遼の押さえた声が時々混じる。
私は声をもっと聞きたくなり、もっと深く咥えこむ。

ゆっくりとしたストロークで喉の奥まで飲み込み、嗚咽とともに快感が走る。
遼が、押さえていた私の腕を離し、頭を掴んで上下させる。


喉の奥まで突かれ、私は嗚咽と共に遼のモノを吐き出し、咳込む。


私の中からは再び蜜が溢れだし、太ももを伝っていく。





遼:
「いれてほしいか?」





私を見下しながら聞く遼の目を見ながら頷くと、





遼:
「じゃぁ、これを入れてやるよ。」





と、黒いカバンの中からバイブを取りだした。





遼:
「自分で入れて逝くまで掻き回して見せろ。」





そう言って私をソファーに座らせ、自分は近くのソファーを引き寄せ、私の目の前に置き座った。



人前でやったことなんかない・・・





凛香:
「できないです。人前でなんか・・・」

遼:
「お前ならできるだろ。ほとんど何も知らない男にこんなことされてるのに
悦んで汁垂れ流してるようなインランなんだから。やらないなら、俺ももう何もしない。」

凛香:
「そ・・・そんな・・」

遼:
「欲しいんだろ?じゃぁヤレ。俺の眼を見ながら。視線外しても、もう何もしないから。」






そう言うと、煙草に火をつけ、ソファーに深々ともたれた。
私は、バイブのスイッチをいれ、手錠されたままの手で入口を触る。


自分でもびっくりするくらい濡れていた。淫芽を指で撫でるとビクッと体が波打つ。
私はゆっくりとバイブを中に沈めていく・・




凛香:
「あぁぁぁぁぁ・・・・・・んくぅぅ」





腰にビリビリと快感の電流が走る。見られている・・・
切れ長で長いまつげに囲まれた遼の眼に見られている・・・


私は、遼の眼を見つめながらバイブで自分の中を掻き回す。





凛香:
「あぁん・・あん・・んん・・・」






手枷をされながらの自慰、そしてその行為を見られていることで、
私の興奮は倍増し、だんだんと出し入れするテンポが速くなっていく。





凛香:
「や・・・あぁ・・・ぁん・・うぅん・・」





喘ぐ私を、煙草を吸いながら冷静に見ている遼。

煙草の煙越しに見える遼の眼は、冷たさと欲望を滲ませ、私を欲情させる。

遼に見せつけるかのように、挿入のテンポが上がり、快感の波が押し寄せてくる。





凛香:
「遼…さ・・・ん・・・もぅ・・・ダメ・・・」

遼:
「何が?」

凛香:
「も・・ぅ・・ムリ・・・・」

遼:
「だから、何が?」

凛香:
「もぅ・・いっちゃ・・ぅ・・」





私がそう言うと、遼は私の前にしゃがみこみ、私の手からバイブを奪うと激しく突いた。





凛香:
「あぁぁぁぁ!!!!・・もぅ・・・!!!ダメぇぇ・・・いっちゃうぅぅぅっっ!!」






私が遼にしがみつき、快感の渦に飲み込まれようとした瞬間、遼はバイブを引き抜いた。





凛香:
「やぁぁ・・なんで・・」





私は逝く寸前で抜かれ、もっとして欲しくて、逝きたくて、
欲望に塗れた淫らな女の顔を遼に向ける。


すると・・・






「いい眼になった。その眼が見たかったんだよ。お前のその眼・・・すげぇソソル。」





と彼は言い、私に優しくキスをした。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


 2010_01_03


Comments

8 ■Re:フィットさん? 

>MiMiさん
おはよ~MiMiさん。
一人の時は、人知れず静かに、
エチの時は、騒々しく(笑)
「紫煙・・・」の凛香のようになるのかなぁ?
フィット  URL   2010-01-03 06:59  

7 ■アメンバー承認ありがとう~ 

ブログまだ途中だけど、やっぱり好きになりました♪

理想の男性像書いてたけど~

結構近いものありますよ

これからもよろしくね♪
†☆紅☆†  URL   2010-01-03 01:09  

6 ■フィットさん? 

一人でするときは、結構静かです(笑)
基本的にローターと指かにゃぁ・・・
エチのときは、結構うるさいかも(笑)
まぁ、時と場所によりますが?
MiMi  URL   2010-01-02 21:32  

5 ■Jack-Tさん? 

電まは使ったことないですね(((( ;°Д°))))
AVとかでみるけど・・・
痛そう(笑)
MiMi  URL   2010-01-02 21:29  

4 ■遼・・・ 

凛香を虐める遼・・・
本能のままリアクションする凛香・・・
そそります~
MiMiさん、普段一人えちするときは、
ローターのみなん?バイブは?
その時は、凛香のように乱れるんかな、MiMiさん?
フィット  URL   2010-01-02 09:24  

3 ■(^ε^)♪ 

電マとかは使わないの?
Jack-T  URL   2010-01-02 08:42  

2 ■スネーク様? 

さっそくコメントありがとうございます?
一人でするときは、専らローターです(笑)
バイブの使い方が下手みたいで、うまく気持ちよくなれない・・・(PД`q。)
MiMi  URL   2010-01-02 03:13  

1 ■バイブ 

と ローターどっちが好き??
sneakfoots  URL   2010-01-02 03:10  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2018_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

★みみこ★

Author:★みみこ★
◆Mimiko's Seet Trap◆
書庫・画像保管庫へようこそ!!

ごゆっくりお楽しみください(*´Д`*)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。